【不動産売却】住宅ローン残債がある札幌の家から住み替えする方法

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_s-1

住宅ローン返済中にも、住み替えのニーズが発生することがあります。
転勤や進学、親族の介護。
家庭の事情は、住宅ローン返済中でも唐突にやって来ます。
家庭の事情により住宅ローン残債のある札幌の家から別の家へ住み替えしなければならないことは、充分にあり得ることです。

住宅ローン残債のある札幌の家を不動産売却することは可能なのでしょうか。
また、住宅ローン残債のある札幌の家から住み替えする方法はあるのでしょうか。
住宅ローン残債のある家の不動産売却の可否や、札幌の家から住み替えする方法について解説します。

住宅ローン残債のある札幌の家を不動産売却できるか


住宅ローン残債のある札幌の家は、住宅ローンの返済が終わらないと不動産売却できないと考えがちです。
住宅ローン残債のある札幌の家は、基本的に通常の不動産売却で処分することはできないのです。
しかし、不動産売却自体ができないわけではありません。
住宅ローン残債のある札幌の家は、任意売却という不動産売却方法で処分可能です。

任意売却は、住宅ローンの返済に困っているときによく使われる不動産売却方法になります。
任意売却では、金融機関と不動産会社、札幌の家の持ち主が協力し、住宅ローン残債のある家を不動産売却。
不動産売却金から住宅ローン残債を返済します。

住宅ローン残債のある札幌の家は不動産売却できないと勘違いしがちですが、任意売却などの方法を使えば、 不動産売却が可能です。
住宅ローン残債があるからといって、不動産売却自体ができないわけではありません。

住宅ローン残債のある札幌の家から住み替えする方法


住み替えとは、住んでいた札幌の家の売却と新しい住居の購入をほぼ同時に行う手法です。
札幌の家の住み替えを行う場合は、旧住居を不動産売却するのが先か、
それとも新住居を購入するのが先かによって2つの手法にわかれます。

札幌の家の住み替え①不動産売却先行型(売り先行)

住み替えのときに不動産売却を先に行い、後から新住居の購入を行う手法です。
先に不動産売却を行うため、住宅ローンを解決してから新住居への住み替えができます。
札幌の家の住宅ローン残債が少ない場合は、不動産売却の利益をもとに新住居準備の計画を立てることが可能です。
札幌の住宅ローン残債のある家を不動産売却先行で売ると、資金準備や住み替え計画の立案がしやすくなります。

札幌の家の住み替え②不動産売却後型(買い先行)

先に住み替え先の住居を購入し、その後に札幌の旧住居を不動産売却する手法です。
住み替えで不動産売却や不動産購入を行う場合、買いが先行すると、
新しい住居を購入するまでの仮住まいが必要ないというメリットがあります。
どうしても欲しい家(住み替え先)がある場合も、タイミングを逃さず購入できるというメリットも。
ただし、札幌の家の住宅ローンが片付いていないため、新住居の住宅ローンと重なる可能性があります。

最後に


住宅ローンの残った札幌の家を不動産売却することも可能です。
また、住宅ローンの残った家を不動産売却し、新住居へと住み替えすることもできます。
タイミングや住宅ローン残債に注意して不動産売却や住み替えを進めることが重要です。
不動産売却の専門家に相談し、計画を熟考することをおすすめします。

住宅ローンの残った札幌の家の不動産売却や住み替えは、スタンドエステートにご相談ください。

お問い合わせ