【札幌市の不動産売却】戸建を早く高く売る3つのコツ

札幌市 戸建

戸建の売却を検討している方は、少しでも高値で、さらに早く売れたら...とお考えですよね。
とはいえ、どうしたら売却に成功できるのか分からず、
家を手放すことに躊躇している方は多いのではないでしょうか?
不動産の売却は何度も経験できるものではないからこそ、成功のコツを知っておきたいですよね。

そこで、今回は札幌市に密着して不動産の売却のお手伝いをさせて頂いている当社が、
早く高く売る3つのコツをご紹介します。
・札幌で家を売るなら何に注意するべき?
・家を高く売るためにしておくことは?
・売却するときの失敗は避けたい
という方は、是非この記事を参考にしてみてください。

3社以上の不動産会社に査定依頼をする

不動産を高く売るコツは、複数の会社に査定依頼をすることです。
なぜならば、同一の物件でも、不動産会社によって査定金額が異なるからです。
査定金額は、不動産会社が相場や過去の成約事例をもとに「この金額なら売れるだろう」と
想定して出された金額のこと。

しかし、不動産会社によって、何を基準に査定額を出すかが異なり、
100万円単位で金額が違うこともざらにあります。
もしも、1社だけに査定依頼をした場合、他の不動産会社よりも査定額が低いのか
高いのか判断することができません。
さらに、低く見積もられていた場合は、その査定額で販売されます。

ですから、少しでも高く売るためにも、3社以上の不動産会社に査定依頼をして、
的確な査定額を把握しておくことが大切です。

札幌で売却するなら春先に

札幌で戸建を売却するなら、春から販売活動をするのがおすすめです。
なぜならば、不動産の売却は「雪」による被害に影響される可能性があるからです。
購入希望者が家を見たくても、道路が凍結していたり、
積雪により見に行くことが難しいケースは多々あります。

このような問題があり、北海道は冬よりも夏の方が不動産が売れやすい時期です。
冬場を避けて売却することで、早く売れる可能性が高くなります。
不動産会社に査定を依頼するタイミングとしては、2月か3月にスタートするのが理想的です。

一般的に売却する期間は、半年以上かかりますので、
冬までに売却するには4月から販売活動を開始するのが得策です。
なるべく冬場を避けて売却を行いましょう。

清掃して内覧時の印象アップ

戸建を高く売るには、購入希望者が家を内覧したときの印象が大切です。
今まで住んでいた家とはいえ、購入希望者はその物件を買うか検討するために内覧をします。
ですから、室内が綺麗に清掃されていることで購入される可能性が高くなります。

新品のようにピカピカにする必要はありませんが、なるべく部屋の中は整理整頓をしたり、
喚起を心掛けておくことをおすすめします。

また、水回りが綺麗であることもポイントが高いです。
空き家になって何ヵ月も経つと、排水溝の臭いが出てくる可能性があります。
水を流すだけで改善されることもあるので、売りに出す前にチェックしておくこと
がおすすめです。

お部屋がきれいに片付いている方が、断然購入されやすくなります。
できる範囲で清掃をしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、札幌で戸建を高く早く売却する3つのコツについてご紹介しました。

1.3社以上の不動産会社に査定依頼をする
2.売却時期は冬を避けること
3.清掃して内覧時の印象を良くする
これらに注意して家の売却を成功させましょう!

札幌市で不動産の売却をご検討の方は、是非スタンドエステートにご相談ください。
札幌市で多数のお客様の不動産売却に携わってきた当社だからこそ、
最適な売却をご提案することができます。
査定もご相談も無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ