アパート売却をするなら税金の計算もする

d38fa8c13e42f8cee29d9cebbe05c8b2_l
賃貸アパートなどを経営しているという場合などは、きちんとした
管理をして順調ならばそれなりの長期的な収入が見込めることでしょう。
手軽に経営などもできるというのは、メリットの一つといえます。

ただし、アパート経営は空き室などがでてしまうと、
収入の減少につながるためその点に関してはいろいろと対策をしておくことで、
少しでも空き室などが出ないように意識して経営をしていくことも大切です。

また、経営状況にもよりますが、様々な理由でアパート売却などを
考えるという方もいらっしゃると思います。
今回は、アパート売却の際の税金の計算について詳しく解説していきます。


■税金の計算方法

アパートを売却したい理由として、それなりの収入をある程度の年数得たために
経営をやめるというケースや年齢によってはアパートの経営が厳しいということから、
手放したいというケースなどがあります。

売却をすることで、現金がまとまって手元に残るため先々の生活などに
有効活用することも可能です。
そのため、できればスムーズなアパート売却をしたいものです。
ですが、忘れてはならないのが税金です。

アパート売却によっても、譲渡所得に対して所得税や住民税が課されるため
その点はしっかりとチェックしておく必要があります。
譲渡所得計算式としては、譲渡所得=譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)となります。

税額計算式は税額=譲渡所得×税率(所得税・住民税)となるため、
どの程度の税金がかかるのか、これに当てはめて計算してみることで
金額などもある程度把握できます。


■価格設定のポイント

不動産などの売却をするという場合には、売りに出す値段次第によっても
すぐに売れてしまうこともあれば、なかなか売れずに現金を手にするのが
かなり遅くなってしまう場合もあります。

自分なりにどの程度の金額が適正なのか、自分が売りに出すアパート周辺で
同じように売りに出されている物件などの価格などもある程度参考にしてみる
というのも有効な手段といえます。

売りに出す価格設定を間違えてしまうと、なかなか買い手がつかずに
困った事態にもなりかねません。
その点をよく考慮して、特に周辺地域の売りに出されている物件などの
価格を参考にしつつ適正、もしくは少し相場よりも安めに出してみることで、
スムーズな売却につながるでしょう。

アパート売却を決意する理由も人それぞれです。
ですが、売却をすることでまとまった金額が手元に残るということからも、
その後そのお金を自分の生活費のためやそれ以外にも自分の目的のために、
有効活用していくことが重要となります。

売却をすることによりかかる税金なども事前にしっかりと計算しておくことで、
実際に自分の手元にどの程度の現金が残るかも把握できます。

その後の生活などでどのように使うかなど自分なりに、
いろいろと目的や用途などアパート売却に出している間にも
考えてみるというのもいいでしょう。


■賃貸アパートの問題点

賃貸アパートという場合には、うまく経営していけばそれなりに長期的な
収入につながりますが、空き室の問題に加えて建物の老朽化など
さまざまな問題なども生じます。

その他にも災害に対しての備えなども必要となる点からも、順調な経営が
できない状態や空き室が増えてしまうような状況ならば、売却を
視野に入れるというのも有効な手段といえます。

立地による条件や金利などによる影響なども考慮する必要があるため、
経営が厳しいという場合には、売却をして現金を手元に残すという選択も悪くはありません。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、アパート売却の際の税金の計算について解説しました。
アパート売却をするならば、価格の設定などは周囲の売り物件の
相場を参考にしたり、売却をすることでかかる税金なども
把握しておくということが重要です。

おおよその税金の額などをあらかじめ計算しておくことで、
手元に残る金額なども把握しやすいためきちんと計算してみましょう。
アパートの売却もスタンドエステートにお任せください。
お問い合わせ