不動産売却を札幌で行うために知っておきたい「仲介」と「買取」の違い

ea561ccc5e3f1de8be96c62a8cddd618_l

不動産売却には2つの方法があります。
1つ目の方法は「仲介」です。
もう1つの方法が「買取」になります。

手続きや売却金額に差が出るため、
不動産会社に仲介と買取のどちらで
依頼するかは重要なポイントです。

今回は、札幌での「仲介と買取の違い」を詳しく解説します。
札幌でスムーズに不動産売却を進めるために知っておきましょう。


■札幌での不動産売却「仲介」とは

「仲介」とは、不動産会社に間に入ってもらうことによって
不動産売却をする方法です。
札幌で不動産売却を希望している場合、
不動産会社に宣伝活動などをしてもらいます。

見つかった買主と売却を希望する売主の間を
不動産会社に取り持ってもらうかたちで
不動産売却を進める方法がこの「仲介」です。

仲介のメリットは、「希望額で不動産売却しやすい」
という点になります。
急がず、焦らず、売主の不動産売却条件に合った買主を探すため、
売主の希望額で売却しやすいのです。

ただし、不動産会社に集客力や宣伝力がないと、
買主を見つけるまでに時間がかかる可能性がある
というデメリットがあります。

仲介で不動産売却する時の手続きの流れは、
相談がスタート地点です。
不動産売却の相談後に不動産の確認や査定を行い、
不動産会社と売主の間で媒介契約を結びます。

ネットに広告を出したり、営業マンが
アピールしたりする営業活動は媒介契約後にスタートです。
不動産の買主が見つかったら、不動産会社が
買主と売主の間を取り持って、売買契約を進めます。

不動産の売却代金の授受と登記などの手続きが済めば、
仲介による不動産売却は完了です。


■札幌での不動産売却「買取」とは

「買取」とは、不動産会社に不動産を
買い取ってもらう方法です。
仲介は買主と売主の間に不動産会社が入りましたが、
買取の方は不動産会社が買主になるという
大きな違いがあります。

買取のメリットは「迅速に現金を受け取ることができる」ことや、
「素早く不動産売却を終わらせることができる」ことです。
仲介では、買主を宣伝活動によって見つける必要があります。

しかし買取では、不動産会社が買主になるため、
手間と時間をかけて買主を見つける必要がありません。
それだけ不動産売却が早く終わり、現金も迅速に
受け取ることができます。

不動産の宣伝活動を行う必要がないため、不動産売却を
「近隣住民に知られる可能性が低い」というメリットもあります。
瑕疵担保責任を負う必要がないところも魅力です。

ただし、不動産売却価格が低めというデメリットがあります。
買取では、札幌の不動産売却の60~80%くらいの価格が相場です。
買取の手続きでは、相談や確認、査定の流れは仲介と同じになります。

その後は不動産会社と不動産売却の契約を結び、
引き渡しや売却代金の授受、登記と続くのが基本です。
買取では、買主を探すための宣伝活動や営業活動が不要になります。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、札幌での「仲介と買取の違い」を詳しく解説しました。

札幌での不動産売却には、仲介と買取の2つの方法があります。
2つの方法にはそれぞれメリットとデメリット、
手続き面での差があるため注意が必要です。
札幌で不動産売却をする時は、仲介と買取をよく比較して、
より自分にあった方法を選びましょう。

札幌での不動産売却はスタンドエステートにご相談下さい。
お客様のニーズに合った方法をご提案致します。
お問い合わせ