任意売却のメリットとデメリットは?|札幌の戸建売却 

任意売却 札幌

住宅ローンの残っている戸建は、基本的に通常の不動産売却で売却することはできません。
住宅ローンが残っているため、戸建の方にも抵当権などが付着しているためです。
売却しようとしても登記の記録から「住宅ローンが残っていますね」という話になり、
売却できないという事態に陥ります。
ただ、住宅ローンの残った戸建を売却する方法が存在しないわけではありません。

住宅ローンの残った戸建は「任意売却」という方法で売却できます。
任意売却とはどのような戸建売却方法なのでしょうか。
任意売却には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょう。
札幌で住宅ローンに困っている人が検討したい任意売却について解説します。

任意売却とは?|札幌の戸建売却

任意売却とは、住宅ローンなどの債務の解決によく使われる戸建売却方法になります。
不動産売却し、その売却金で住宅ローン返済などの問題解決を目指す方法が任意売却です。

任意売却も不動産売却ではあるのですが、
通常の不動産売却とは「債務の清算や解決が目的の1つである」という点で違っています。
通常の不動産売却は、戸建を第三者または不動産会社に売却して終了です。
しかし任意売却は住宅ローンなどの債務を解決することが目的の1つであるため、
債務の返済を視野に入れて戸建売却計画を立てることになります。

任意売却のメリットとデメリット|札幌の戸建売却

任意売却の最大のメリットは、通常の不動産売却では基本的に対象外になってしまう、
住宅ローンの残った戸建を売却できるという点です。
住宅ローンの返済苦などで困っている人にとって、
解決策の1つになり得るという点でもメリットになります。
競売より戸建売却相場が高めであることや、
周囲に知られずに売却できるところも任意売却のメリットです。

なお、任意売却しても残ってしまった債務は、返済する必要があります。
ただ、任意売却をした場合は基本的に債権者と分割返済の相談ができますので、
無理のない返済プランを組むことが可能です。

任意売却の最たるデメリットは、戸建売却が不成立で終わるリスクになります。
戸建の任意売却をしても、買い手がいなければ成立しません。
住宅ローンを解決したくても、任意売却ができなければ、解決のスタートラインに立ったままです。
デメリットを回避するためには、任意売却に対応してくれる不動産会社の中から、
問題解決のために手厚くサポートしてくれる不動産会社を選ぶことが重要になります。
相談の際は、戸建の任意売却が不成立に終わる可能性や、
売却できなかったときの対処についても確認しておくといいでしょう。

まとめ

任意売却は住宅ローン返済問題の解決法としてよく使われる戸建売却方法です。
任意売却にはメリットとデメリットがあります。
状況に合わせて任意売却が解決策として適しているか、見定めた上で使うことがポイントです。

スタンドエステートは戸建の任意売却にも対応しております。
札幌で住宅ローンの返済に困っている方は、スタンドエステートへご相談ください。
より良い解決方法を提案いたします。

お問い合わせ