札幌の不動産を知人へ不動産売却するときの3つの注意点

5855209ae525e7e00ae9e48230bb025b_s-1

札幌の不動産の買い手を探しているときに、知人から「買います」と声がかかり、
不動産売却がスムーズに決まることがあります。
知人に不動産売却できれば、あえて不動産会社に相談しなくて良い。
不動産会社を介する必要がないと思うかもしれません。

知人に札幌の不動産を不動産売却するときは、注意したい3つのポイントがあります。
注意点に気をつけないと、予想外のトラブルが発生する可能性もあるのです。
札幌の不動産を知人に不動産売却するときの注意点を解説します。

札幌の不動産を知人に不動産売却するときの注意点とは?


知人に札幌の不動産を不動産売却するときには、安心感があるかもしれません。
不動産売却前に、すでに知人の人となりは知っていることでしょう。
日本の売買は「売ります」「買います」のやり取りでも契約が成立します。
知人との不動産売却ということもあり、簡単に済ませてしまおうと考える不動産オーナーもいることでしょう。

不動産売却は、ポイントに注意しないと、ときに予想外のトラブルを引き起こします。
札幌の不動産を知人へと不動産売却するときにトラブル回避のため注意したいポイントは3つです。

1.契約内容で揉めることがある
2.住宅ローンの利用が難しい
3.札幌の不動産の状態で揉めることもある

札幌の不動産を知人に不動産売却するときの3つの注意点


札幌の不動産を知人に不動産売却するときの注意点について、さらに詳しく見て行きましょう。

注意点①契約内容で揉めることがある

知人とは気安い間柄であると同時に、契約書などの作成に遠慮が出るのではないでしょうか。
契約書などを厳格に作成すると、知人を信頼していないような心証を与えるのではないかと心配になるからです。
契約書や詳細なやり取りの記録などを行わないことによって、
「言った」「言わない」の契約トラブルに発展する可能性があります。

注意点②住宅ローンの利用が難しい

個人間の不動産売却では、住宅ローンの利用が難しいのが特徴になります。
知人が一括で不動産売却金を支払えない場合、金銭トラブルに発展する可能性があるのです。
なお、不動産会社が間に入って不動産売却の重要な書類などを作成し、不動産売却をサポートしている場合は、
住宅ローンが利用できるケースが多くなっています。

注意点③札幌の不動産の状態で揉めることもある

不動産売却の対象になった札幌の不動産の状態で揉める可能性も考えられます。
知人との不動産売却ということで、不動産の伝えておくべき重要な情報を伝え忘れていたり、
あまり気にせず不動産売却を進めてしまったりする可能性があるのです。
札幌の不動産の状態からトラブルに発展し、知人との関係に亀裂が生じる可能性も考えられます。

最後に


札幌の不動産売却は知人と不動産オーナーという個人間でも可能ですが、
住宅ローンが使えないことや、金銭や不動産で揉めるなどのトラブルが考えられます。
知人に不動産売却する場合でも不動産会社に相談すれば契約書類作成などを含めて、
札幌の不動産売却のサポートを受けられます。

不動産売却の実績豊富な不動産会社がサポートすることで、知人との不動産売却でトラブルが起きるリスクを軽減可能です。
知人や親族への不動産売却も、スタンドエステートが全力でサポートいたします。

お問い合わせ