札幌市で古いアパートを売却するタイミングとは?

札幌市 古いアパート

築年数が古いアパートを売却したいけど、売れるのだろうか?
いつ売れば少しでも高く売れるのか?とお悩みの方も多いでしょう。
せっかくなら売るべきタイミングを知ってから売却したいですよね。

そこで今回は、札幌市を中心に不動産の売却を行う当社が、
古いアパートを売るタイミングについて解説します。
古いアパートの売却を検討している方は参考にしてみてください。

古いアパートを売却するなら耐用年数を参考に

アパートを売却する目安となるのが、耐用年数です。
耐用年数とは、法律で定められた年数であり、
簡単に言えば「安全に住めるであろう期間」のこと。
そのため、建物の構造によって耐用年数が異なります。

一般的に、木造と軽量鉄骨造に分類される「アパート」の耐用年数は以下です。
・木造:22年
・軽量鉄骨造(鉄骨の厚さ3mm~4mm):27年
・軽量鉄骨造(厚さ3mm以下):19年
【国税庁のHPより】

このように、アパートの耐用年数は築20年が目安となります。

耐用年数の残りの期間が長いほど売りやすくなるため、
アパートの築年数は耐用年数まで残り何年あるか確認しましょう。

築年数の古いアパートは、大規模な修繕費用がかかりますし、
耐用年数を超えていると、購入者が金融機関から融資を受けられない可能性があります。
せっかく購入希望者が現れたとしても、融資を受けられずに断念されるケースもあるということです。

とはいえ、耐用年数だけが判断基準ではないので、「早く売らなければ」と焦る必要はありません。
不動産の立地条件や相場などタイミングによって、売却できる可能性もあります。
耐用年数を参考にしつつ、総合的に判断する必要があるので、不動産会社に相談してみるのが得策です。

札幌市で古いアパートを売却するなら更地にした方が高く売れる可能性も

築30年以上のアパートを売却するなら、解体して土地として販売すると高く売れる可能性があります。
2019年現在では、札幌市の地価が上昇しています。
札幌市のマンションの価格が高騰したことにより、家を建築する方が増え、
土地の需要がアップしているからです。

条件にもよりますが、築年数が古いほど購入後に大規模な修繕が必要な場合があるため、
金額を下げなければ売れないケースがほとんどです。

ですから、もし築30年以上のアパートの売却を検討しているなら、
解体して土地として販売した方が高値で売れる可能性があります。
とはいえ、一度解体してしまったら元に戻すことはできないので、
事前に不動産会社に相談しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、 札幌市の古いアパートを売却するタイミングについて解説しました。

売却する目安となるのが、「耐用年数」です。
アパートの耐用年数は20年ほどが目安となるので、築年数と比較してみましょう。
もしも、築30年ほどのアパートは、土地として販売した方が高く売れる場合があります。
とはいえ、相場によっても変わってきますので、
まずは不動産会社に相談することがおすすめです。

当社は、札幌市を中心に不動産の売却や買取を行っています。
豊富な実績からオーナー様に最適な提案が可能です。
札幌市で古いアパートの売却を検討している方は、スタンドエステートへご相談ください

お問い合わせ