札幌市で築30年の一戸建てを売却する3つのコツ

戸建

「築30年の家は価値がゼロになる」と聞いたことがある方も多いでしょう。
そのため、一戸建てを売却したいけど、築年数が古いからと諦めていませんか?

しかし、早く売却するにはコツがありますので、諦める必要はありません。
しっかりとコツを抑えれば、売却しやすくなります。

そこで、今回は札幌市を中心に不動産の売却を行っている当社が、
築30年の一戸建てを売却するコツを3つご紹介します。

札幌市で築年数が古い一戸建てを売却したいとお考えの方は、参考にしてみてください。

①リフォームするよりも値下げを

築30年以上の一戸建ては、老朽化により修繕が必要な箇所が出てくるもの。
そのため少しでも早く売却するために、リフォームをしておくべきか検討している方は多いでしょう。

しかし、いくら築30年以上の古い戸建だとしても、リフォームをする必要はありません。
リフォームするには、何十万円もの費用がかかります。
ただし、もし事前にリフォームをしたとしても、その分売却価格に上乗せされる訳ではありません。

また、なかには築年数の古い物件を安く購入して、自分でリフォームやDIYを楽しみたい方もいます。
そのため、販売前にリフォームをする必要はありません。
ご自分で家をカスタマイズしたい方もいるので、値下げをした方が売却しやすくなります。

②札幌市で戸建てを売却するなら土地と戸建両方で販売する

札幌市で築古物件を売却するなら、土地と戸建の両方で販売するのがおすすめです。

2019年現在では、札幌市の土地の価格が上昇しています。
札幌市内の土地の地価は、2018年は2.3%に対し、2019年は4.0%に上昇しています。

なぜなら、マンションの価格が高騰しているため、
家を建築する方が増え土地の需要が高くなっているからです。
そのため、土地の売り時としては今が良いタイミングです。

しかし、いきなり建物を解体するのは避けましょう。
解体するには何百万円の費用がかかります。
さらに、解体して土地にすると固定資産税が高くなってしまいます。

前述したように、古い戸建を安く買ってリフォームしたい方もいるため、
土地として購入したい方ばかりではありません。
ですから、いきなり建物を解体して販売するのではなく、
古屋付きの土地として販売するのが得策です。

まずは、不動産会社に最適な販売方法について相談しましょう。

③築古物件の売却が得意な業者に依頼する

早く高く売るには、不動産会社選びが大切です。
なぜならば、不動産会社によって、得意分野はまちまちだからです。
例えば、マンション開発が得意、もしくは戸建の売却が得意な業者がいます。

売却したい物件を得意としている業者選びが、早期売却に繋がります。
そのためには、不動産業者のHPからどんな事業を行っている会社かを確認しましょう。
そして、これらの質問をすると、業者の得意不得意のチェックができます。
・どのくらいの期間で売却できるか
・同じような物件をどのくらい売却してきたか

上記の2点を確認して、築古物件の売却を得意とする業者に依頼しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

札幌市内で築30年以上の戸建を売却するコツについて解説しました。

今回ご紹介したコツは以下の3つです。
・リフォームするより値下げをする
・戸建と土地両方で売る
・築古物件の売却が得意な業者に相談する

札幌市で築年数の古い戸建の売却を検討している方は、是非参考にしてみてください。

当社スタンドエステートは、札幌市を専門に不動産の売却を行っています。
築30年以上の戸建を売却した実績が多数ございますので、
豊富な経験に基づいたご提案が可能です。
無料で相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ