札幌市の不動産売却で知っておきたい事故物件の2つのタイプ

事故物件 札幌 

札幌の事故物件と一言で表現しても、そこには2つのタイプが存在していることをご存知でしょうか。
札幌の事故物件のタイプを知ることによって、
不動産売却を短期間でスムーズに完了できる可能性が高くなるのです。

札幌の事故物件の処分で困っている。
札幌の事故物件を何とか不動産売却したい。
事故物件のオーナーに知っていただきたい、事故物件の2つのタイプについて解説します。

札幌の事故物件のタイプを知ること

事故物件には大きく分けて2つのタイプがあります。
オーナーは、自分の所有している札幌の事故物件がどちらのタイプなのかを
はっきりと不動産会社に伝えることにより、不動産売却をスムーズに行える可能性が高くなるのです。
なぜなら、札幌の2つの事故物件のうち、片方は特に気にしないという買主も存在するからになります。

買主は、大きく3つのタイプの分けられるのです。
1つは、事故物件をまったく気にせず不動産売却に応じるタイプ。
2つ目は、事故物件になった理由は問わず、とにかく事故物件の購入は一切控えたいというタイプ。
3つ目は事故物件のタイプによっては気にしないというタイプです。

事故物件という大枠だと、事故物件を気にしないタイプしか不動産売却できません。
しかし、札幌の事故物件のタイプ分けをすることで、
タイプによっては気にしないという買主にも不動産売却できる可能性が出てくるのです。
不動産売却のターゲットを広げるためにも、事故物件のタイプ分けは真っ先に行うことが重要になります。

事故物件の2つのタイプ|札幌の不動産売却

事故物件には、次の2つのタイプがあります。
札幌で事故物件の不動産売却をスムーズに成功させるためには、
所有している事故物件がどちらのタイプか、しっかりと判断することが重要です。

1.心理的瑕疵のある札幌の事故物件

心理的瑕疵のある札幌の事故物件とは、
物件の外観や内部には特に欠陥が見当たらないことが多いところが特徴です。
しかし、事故物件になった事情を聞くと、
買主が購入を控えてしまうことが多い物件がこのタイプになります。

物件内部や敷地内で自殺や事件事故があった物件や、
幽霊が出るなどの噂が立っている物件などがこの事故物件タイプです。
周辺に墓地や火葬場などがある物件も、この心理的瑕疵のある事故物件に該当します。

2.物理的瑕疵のある札幌の事故物件

物理的瑕疵のある札幌の事故物件とは、建物や土地などに欠陥が見られるタイプの物件です。
土地が傾斜だったり、立地に問題があったりするなどのケースが
物理的瑕疵のある札幌の事故物件になります。

この他に、建物の一部が倒壊していたり、
室内に欠陥があるが修繕されていなかったりする物件も物理的瑕疵物件です。

まとめ

事故物件をスムーズに不動産売却したいときは、
事故物件のタイプ分けをすることが重要です。

タイプ分けをすることによって札幌の事故物件の購買層を広げ、
より不動産売却をしやすくするのです。
札幌の事故物件の不動産売却はスタンドエステートにお任せください。

お問い合わせ