白石区の土地と家を任意売却するとき残債務ってどうなるの?

戸建てイラスト

任意売却とは、マイホームなどの不動産を売却し、その売却金で住宅ローン借入金を清算する方法です。
住宅ローンの返済で困っているときは、任意売却が解決策のひとつになります。
しかし、任意売却を選択するお客様(住宅ローン返済側)からすれば、
「本当に任意売却ですべて解決できるのか」「任意売却という名前が難しそうで、不安」
という印象があるようです。
そのためか、当社に相談にいらっしゃるお客様からは、よく任意売却や住宅ローンについての質問があります。

当社がよくいただく住宅ローン返済問題の解決や任意売却についての疑問や質問の中から、
「住宅ローンの残債務」についてご説明します。
土地や家を売却してその売却金で住宅ローンの清算が難しい場合、残債務はどうなるのでしょう?

白石区の土地や家を任意売却したときの残債務はどうなるの?

住宅ローンの返済問題を解決するために、白石区の土地や家を任意売却するとします。
任意売却の査定で、任意売却予定額の方が住宅ローン残債務よりやや少ないことが分かりました。
実際に任意売却を進めてみると、やはり住宅ローン残債務より、任意売却額の方が少ない状況です。
この場合、清算し切れなかった住宅ローンの残債務はどうなるのでしょう。

結論から言うと、白石区の土地や家を任意売却して残債務があった場合は、
残債務自体がなくなることはありません。
よく「任意売却をすると住宅ローンの返済問題はすっきり解決するのだ」と
勘違いしているケースがあります。
残債務については、計画を立てて返済する必要があるのです。
残債務が消えることはなく、返済する必要があります。
白石区の土地や家を任意売却するときは、残債務の問題に注意することが重要です。

白石区の土地や家を任意売却するときの残債務への対策とは

白石区の土地や家を任意売却して残債務が出れば、その残債務は返済しなければいけません。
しかし、住宅ローン返済問題で困っている人の場合「残債務の返済が辛い」ということがほとんどです。
返済が辛いからこそ、白石区の土地や家を任意売却しようと考えるわけですから。

白石区の土地や家を任意売却した後は、残債務について無理のない範囲で
分割返済できるように相談するため、住宅ローンの返済より、
余裕を持って返済することが可能です。
ただし、残債務を返済しなければいけないという現実自体は変わらないため、
残債務を視野に入れたサポートと対策が必要になります。

対処法の1つとしては「売却に慣れ、実績のある不動産会社を選ぶこと」が挙げられます。
不動産売却や任意売却に慣れており、実績も豊富だと、
残債務の返済計画を視野に入れたサポートを期待できるのです。
白石区の土地や家の任意売却や住宅ローンの返済問題を相談するときは、
細かなことでも質問し、不動産会社側の知識や経験をチェックすることをおすすめします。

最後に

白石区の不動産売却の中でも、
家や土地を売却したあとの残債務の扱いについて疑問を持つ人は少なくありません。
住宅ローン返済問題の解決のために任意売却を検討するのですから、
当然のことではないでしょうか。

白石区の土地や家を任意売却したときの残債務については、返済が必要です。
残債務の対処や総合的な問題解決のためには、
実績や経験、知識が豊富な不動産会社に相談することが重要です。
住宅ローンのお悩みや白石区の不動産売却は、
スタンドエステートへとお気軽にご相談ください。

お問い合わせ