不動産買取に必要な資料や書類を解説します

20

不動産を買取してもらうときには、
必要な資料・書類を揃えることが重要です。
できれば不動産会社に買取相談をする前に
一通り揃えるほうが良いでしょう。

契約するときにほとんどの資料が揃っていれば、
その後の流れもスムーズになりますし、
買取価格について交渉できる余地もある
可能性があります。

ここでは、不動産買取をしてもらうときに
最低限必要となる資料や書類について解説します。
ぜひ買取を検討中の方は参考にしてください。


■不動産買取の必要資料~建物に関する書類

・登記簿謄本または登記事項証明書
…不動産の登記情報が明記されている資料です。
 法務局で取得することができます。

・売買契約書
…その不動産を購入したときの状況や
 条件を確認するときに必要となります。

・登記済権利証または登記識別情報
…登記した本人が申請していることを
 確認するための資料となります。
 大抵は家に保管してあるはずです。

 資料が見つからなければ、法務局か担当した
 司法書士に連絡してみましょう。

・固定資産税納通知書、固定資産税評価証明書
…固定資産税の確認や、登録免許税の
 算出のときに使用されます。
 その年に支払いをしたものを用意しましょう。

・土地測量図、境界確認書
…一戸建てまたは土地を買い取ってもらう
 場合に必要となります。

・建築設計図、物件の図面など
…建物の構造や間取りが明確になります。

・建築確認済証または検査済証
…建物が建築基準法の基準に当てはまるか
 どうかを証明するものです。

・マンションの管理規約や規則などの書類
…マンションの場合に必要となる書類です。
 手元にない場合、管理会社に問い合わせしてください。

・その他建物に関する書類
…耐震診断報告書・リフォーム詳細資料・当時の
 パンフレットなど、その不動産に関する
 資料があれば持参しましょう。


■不動産買取の必要資料~売り主に関するもの

・身分証明書
…不動産と売買契約を結ぶのに、
 身分を証明するものが必要となります。
 パスポート・運転免許証・保険証などを
 用意しましょう。

・印鑑証明書
…発行から3ヶ月以内のものを用意しましょう。
 市町村役場にて申請すれば発行してもらえます。

・実印
…印鑑証明書に登録してあるものと同じ印鑑です。

・住民票
…居住している不動産なら1枚、居住していない
 不動産なら2枚必要となります。
 市町村役場にて3ヶ月以内に発行して
 もらったものが必要です。

・ローン残高証明書
…住宅ローンがまだ残っている場合は
 用意しましょう。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、不動産買取をしてもらうときに必要となる
資料や書類について解説しました。
上記で解説したとおり、必要資料や資料はとても多いです。
不動産買取が決まってから慌てて準備をしたら大変です。
余裕を持った用意が大切となります。

スタンドエステートでは、不動産買取に必要となる
資料などをお客様に分かりやすくお伝えいたします。
少しでも不明点や疑問点があればなんでもご相談ください!

お問い合わせ