不動産売却の売主に必要書類は?|札幌の不動産売却

不動産売却 売主 必要書類 札幌

札幌で不動産売却をするときは、売買契約に必要となる書類があります。
事前に可能な限り必要書類を準備しておくことで、
札幌の不動産の不動産売却をスムーズに進めることが可能です。

札幌の不動産の不動産売却には、どのような書類が必要になるのでしょうか。
札幌の不動産売却の流れをおさらいしながら、必要書類について確認しましょう。

不動産売却の売主の手続きの流れとは

不動産売却の必要書類を確認する前に、
まずは札幌の不動産売却の手続きの流れについて確認しておきましょう。
札幌の不動産売却手続きの流れを知っておけば、
どの段階までどの必要書類を準備しておかなければならないかを把握しやすくなるからです。

札幌の不動産売却手続きの大まかな流れは以下の通りです。
札幌の不動産を売却する側(売主側)の視点で流れを見て行きましょう。

1.札幌をエリアにしている不動産会社に不動産売却の相談をする
2.不動産を不動産売却した場合の査定や見積もりを行う
3.札幌をエリアにしている不動産会社と不動産売却の契約
4.不動産売却の場合は買主を探す(宣伝活動や広告)
5.買主と売主で不動産売却の契約を結ぶ
6.不動産売却し所有権移転登記などを行う

札幌の不動産を不動産売却するときは、大まかにこのような流れで手続きが進みます。
なお、不動産売却の手続きの流れはあくまで売主側から見た流れです。
買主の場合や、不動産買取を行う場合の流れは、売主側の不動産売却の流れと異なります。
注意してください。

不動産売却で売主の必要書類とは

不動産をスムーズに売却したい場合、
不動産売却の手続きのときの必要書類を早めに準備しておくことが重要になります。
札幌の不動産売却のときに必要になる主な必要書類は、次のような書類です。

1.不動産の権利証や登記識別情報

権利証や登記識別情報は、不動産の権利や名義の証明書類になります。
札幌の不動産売却をするときは、本人が本人名義の不動産を売却することが基本です。

また、不動産売却をすることで、札幌の不動産の権利は買主に移ります。
手続きをスムーズに進めるためにも、権利証や登記識別情報は準備しておきましょう。

2.固定資産税納税通知書

固定資産税納税通知書は、不動産の価値判断のための資料の1つになります。
札幌の不動産売却では買主と価格交渉をすることがあるのです。

固定資産税納税通知書を資料の1つとして売主が早めに準備しておくことで
不動産売却がスムーズに進むのです。

3.本人確認書類

売主の本人確認書類です。
権利証を持っていても、本人か分かりません。
他人が勝手に札幌の不動産売却をするリスクもあります。
本人確認を徹底するために、本人確認が必要になるのです。

4.その他

この他にも札幌の不動産売却には必要書類があります。
ただ、必要書類によって、それぞれ必要になるタイミングがあるのです。

印鑑証明書などは、不動産会社と相談して、適切なタイミングで取得することをおすすめします。
測量図などが手元にある場合は、合わせて不動産会社にチェックしてもらうようにしておきましょう。

まとめ

札幌の不動産売却に必要になる主な必要書類は本人確認書類や不動産の権利証などですが、
不動産売却のタイミングに沿って、他の書類も必要書類になります。

不動産売却の相談前に準備できる必要書類は準備してしまい、他の必要書類や、
手続きの各タイミングで必要になる必要書類は、不動産会社に確認して準備するようにしましょう。

札幌の不動産売却は、スタンドエステートにお任せください。

お問い合わせ