札幌市で不動産の無償譲渡を検討している方へ。メリット・デメリット解説

札幌 無償譲渡

「空き家の管理が大変だから、無料でもいいから手放したい」
こんなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

無料で不動産を譲ることを、「無償譲渡」といいます。
ただし、無償譲渡するにはメリットもデメリットもあるので、
両方の面を理解したうえで判断することがおすすめです。

そこでこの記事では、札幌市で不動産の売却実績が豊富な当社が、
無償譲渡した場合のメリット・デメリットについて解説します。

売却依頼するべきか、無償譲渡するべきかお悩みの方は参考にしてみてください。

無償譲渡とは?

無償譲渡とは、簡単にいえば無料で譲り渡すということ。
一般的には、物を得るときに対価として代金を支払います。
一方で、無償譲渡は物を0円で譲るということです。

不動産を無償譲渡するメリットとは?

不動産を無償譲渡する場合にどんなメリットがあるのか気になる方は多いでしょう。
メリットは、以下の2つが挙げられます。

・固定資産税など税金の負担がなくなる
・維持管理の必要がなくなる

空き家は、全く利用していなかったとしても維持管理が必要です。
建物の老朽化が進むにつれて、リフォームが必要になるだけでなく、
植栽が伸びて近隣の住人に迷惑をかける可能性があります。

近隣に住んでいれば手入れができますが、遠方にお住いの方は難しいでしょう。
また、不動産を所有しているだけで、固定資産税など税金の負担もかかります。
無償譲渡すれば、売却されるのを待たずに家を手放せるのがメリットです。

不動産を無償譲渡するデメリットとは?

不動産の無償譲渡をするデメリットは、以下の2つです。
・売却代金はもらえない
・譲った相手に税金がかかる

注意しておきたいのが、無所譲渡する際に譲渡した相手に以下の税金がかかることです。
・固定資産税
・登録免許税
・贈与税
・不動産取得税

もしも、家族や友人に譲渡する際は、無料とはいえ、
これらの税金がかかると事前に伝えておきましょう。

また、当然ですが、無償譲渡すると売却利益を得ることはできません。
どうしてもすぐに手放したい方は別ですが、そういった理由がないのであれば、
不動産会社に売却依頼をするのがおすすめです。

不動産会社に家の売却を依頼し、もし何年経っても売れる見込みがなければ、
無償譲渡を考えるのも選択肢の1つです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、不動産を無償譲渡する際のメリット・デメリットについて解説しました。

無償譲渡した場合のメリット・デメリットをまとめます。

メリット
・固定資産税など税金の負担がなくなる
・維持管理の必要がなくなる

デメリット
・売却代金はもらえない
・譲った相手に税金がかかる

空き家を所有するということは、建物の修繕や植栽の手入れなど、
手間がかかるだけでなく、固定資産税の支払いをする必要があります。

こういった理由で家を手放したいとお悩みの方は多いでしょう。
無償譲渡すれば、これらの負担から開放できますが、
売却した利益を得ることは当然できません。

もしも、売れる見込みがあったとしても、
無料で手放してしまうのは勿体ない場合もあります。
まずは、不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか?

当社、スタンドエステートは札幌市を中心に不動産の売却を行っています。
築年数の古い家の売却実績が豊富にありますので、
これまでの経験を活かして最適な提案を致します。
無料で相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせ