札幌市で不動産会社を探している方へ、媒介契約について解説!

市街化調整区域

不動産を売却時に、不動産会社に相談して売却を進める方が多いでしょう。
不動産会社を決めたら、次は媒介契約をどれにするかを決めます。
しかし、媒介契約はどれを選択すればいいの?と戸惑う方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、札幌市で不動産の仲介会社を探しているけど、
媒介契約は何を選んだらいいの?と疑問を抱えている方に向けて解説します。

それぞれ特徴が異なりますので、しっかりと把握しておき、売却を成功させましょう。

そもそも媒介契約とは?

媒介契約とは、安全に不動産取引ができるように、
売主様と不動産会社の間に契約を締結することです。

不動産の販売価格や販売活動についての取り決めを行い、
その内容を定めた契約書を取り交わします。

媒介契約の種類は3つ!どれを選ぶべき?

媒介契約には以下の通り、3つの種類があります。
・専属専任媒介契約
・専任媒介契約
・一般媒介契約

媒介契約は、不動産会社とお客様の話し合いによって決定します。
それぞれ特徴があるので、違いを把握したうえでご自分に合った方法を選びましょう。
それでは、解説します。

専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、その他の媒介契約よりも、制限が最も多いのが特徴です。

専属専任媒介契約は、1社のみ専属で依頼しなければなりません。
また、自ら買主を探して売買契約ができません。
もし違反したら、違約金がかかりますので注意しましょう。

しかし、以下のように状況報告の頻度などが決められているので、
積極的に売却したい方におすすめです。
・不動産会社から1週間に1回以上、状況報告を受けられる
・媒介契約締結翌日から5日以内に※レインズ登録

細目に連絡がもらえるので、状況の把握ができるのがメリットです。

※レインズとは、国土交通省が指定する不動産流通機構で、
物件情報が掲載されているサイトです。
レインズに物件を登録することで、いち早く購入者を見つけられます。

専任媒介契約

専任媒介契約は、不動産会社1社のみに依頼をします。
「専属専任媒介契約」と同じく、他社に依頼ができません。

「専属専任媒介契約」と異なる点は、3つです。
・状況報告は、2週間に1回以上
・レインズの登録は、媒介契約締結翌日から7日以内
・自分で買主を見つけることができる

自分で買主を見つけて契約できますが、
履行のために使用した費用を支払う必要があるので注意しましょう。

一般媒介契約

一般媒介契約の大きな特徴は、他の業者にも依頼ができることです。
業務の報告やレインズの登録義務はありません。
しかし、レインズの登録は任意のため、
登録を希望する場合は媒介契約の締結時に伝えましょう。

また、違約金がかからずに、自ら見つけた購入者と契約ができるのも魅力です。

ただし、売れる可能性の高い物件ではない限り、
販売活動を後回しにされる可能性があります。
早く売却を済ませたい方は専任媒介か専属専任媒介がおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

不動産の仲介会社を探している方に向けて、媒介契約の特徴について解説しました。

それぞれの特徴を簡単にまとめます。
「専属専任媒介」と「専任媒介」は、他社への依頼ができません。
ただし、業務報告やレインズの登録が義務付けられているので、
積極的に売却したい方に最適です。
ただし、専属専任媒介は、自ら見つけた購入者との契約は禁止ですが、
専任媒介なら契約できます。

「一般媒介」は、上記とは異なり他社にも依頼ができます。
業務報告やレインズの登録義務はありませんが、
自ら見つけた購入者と契約が可能です。

媒介契約は、売却を希望している方の状況によっても選び方が異なります。
まずは不動産会社に相談しましょう。

当社スタンドエステートは札幌市に特化して不動産の売却を行っています。
札幌市の不動産売却の実績が豊富にありますので、
お客様にぴったりの提案が可能です。
お気軽に当社へご相談くださいね。

お問い合わせ