不動産相続の流れとは?不動産買取の流れもご紹介します

相続不動産 流れ

身近な人が亡くなると、とても辛く悲しい気持ちになりますよね。
と同時に、葬式準備や手続きなどで慌ただしくなると思います。

もしも亡くなられた方が不動産を所有していた場合、相続をする必要があります。
相続する不動産の特定や相続人との話し合いなどで揉めやすいため、
早めに取り掛かることがおすすめです。
ここでは相続した不動産の流れと、
不動産買取する場合の流れも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


■相続した不動産の流れとは

1. まずは遺言書の確認を
相続人と遺産の話を進める前に、まず遺言書がないかを確認しましょう。
原則として、遺言書の内容が「最優先」されるので、法定相続よりも優先度が上がります。
これがあるかないかによってこの後の流れも異なりますから、しっかりと探すようにしましょう!

2. 相続人と遺産の調査・確定
誰が相続人となるのか・相続する遺産はどれなのか、漏れがないように調査します。
相続人の調査は、被相続人の戸籍を取り寄せながら家系図を作って調査していきましょう。
相続する不動産があるかどうかを調べる場合は、
市区町村役場から「名寄帳」を取り寄せるなどして確認していくのが良いでしょう。

3. 遺産分割協議書の作成
全ての相続人同士で協議をし、「遺産分割協議書」を作成します。
ただし、遺言書があるケースや法定相続通りに相続を行う場合は必要ありません。
もしも相続人だけでまとまらない場合、
家庭裁判所に遺産分割調停してもらう方法もあります。

4. 相続登記をする
相続によって不動産を所有することになったら、
「相続登記」を行って名義変更を行いましょう。
これにより、不動産の所有名義が亡くなられた方から相続する人へと変更されます。

5. 相続税の申告・納付 
もしも相続したことで相続税が発生した場合、相続開始から10ヶ月以内に納付する必要があります。
相続税が発生するようであれば、専門家に相談すると良いでしょう。


■不動産相続が難しいときは不動産買取を検討しよう

不動産相続は分割するのが難しく、分割方法で相続人同士で揉めるケースも多いです。

そのような場合は、換価分割による方法をおすすめします。
不動産をお金に換金することによって分割しやすくなりますし、
税負担を軽減できることもあります。
相続不動産を換価するのなら、不動産買取がスピーディです。
一般に売りに出す仲介と比較しても数日でお金が手元に入りますし、
スケジュール管理しやすいので、相続不動産には不動産買取が向いています。

◯相続不動産の買取 流れ
1. 不動産会社へ相談・依頼
まずは不動産会社へ不動産買取の依頼をしましょう。
2. 相続不動産の査定・買取金額の決定
訪問査定をしてもらい、信憑性の高い査定金額を提示してもらいます。
そこで買取金額を決定します。
3. 売買契約を結ぶ・お支払い
不動産会社と契約を結んで買取金額をもらいます。
ここまで最短数日で行うことも可能です。


■最後に

いかがでしょうか?
今回は、相続不動産の流れと不動産買取の流れをご紹介しました。

相続不動産を買取すると決めたなら、早いうちに相談するのが大切です。
時が経つごとに不動産の価値が下がりますし、
放置していても固定資産税などの維持費がかかってしまいます。

札幌市の相続不動産ならスタンドエステートにお任せください。
豊富な知識と経験で、お客様をサポートさせていただきます。
査定依頼はいつでも無料です。
ぜひお気軽にお問い合わせ・ご依頼ください!

お問い合わせ