~ 空き物件売却隊からのお知らせ ~

icon
icon

2023/04/26

ブログ

共有名義の不動産相続で揉める理由やトラブル解消の方法

■共有名義の不動産相続でトラブルになる原因

不動産相続では共有名義になることで、相続人同士のトラブルに発展するケースがあります。
不動産相続で相続人同士のトラブルになる理由には、以下のようなものが考えられます。

・相続不動産の分割分や分割方法で揉める

土地や建物などの相続不動産を誰にどのくらい分割するか、誰が相続するかなどで揉めるケースがあります。
相続分や不動産の相続人で揉めてしまい、相続トラブルに発展するケースです。

・不動産相続の共有名義で意見がまとまらない

不動産の名義がひとりであればその人の考え方で不動産相続後の土地や家を扱えます。
共有名義の所有者が増えると、その分だけ共有者の意見はさまざまに分かれるため、意見をまとめることが大変になります。
「不動産相続後に土地や建物をどうするか」「どのように管理するか」など、共有者の間で管理を巡って揉めてトラブル化することがあります。

・不動産相続の共有名義で売却などに難が出る

不動産相続の相続人の考えもさまざまですから、中には「思い出のある物件だからこのまま所有したい」という人もいれば、「所有が負担だから売却したい」という人もいます。
1人で所有すれば意見が分かれることはありませんが、共有名義になると意見が分かれてしまってトラブルの元になるのです。

■不動産相続の共有名義のトラブル解消方法
不動産相続の共有名義で「意見の違い」や「分割分で揉める」など、トラブルが起きてしまったらどうしたらいいのでしょうか。

共有名義の家や土地のトラブル解消方法に「売却」があります。
共有名義にしておくと相続時にトラブルになる可能性があるだけでなく、相続後に揉めてトラブル解消方法に悩むことも珍しくないのです。
また、共有名義ゆえに固定資産税の負担で揉めたり、共有名義のうち1人が勝手に売却しようとして揉めたりするなど、トラブル解消の必要がある事態に発展する可能性があります。
トラブル解消の元になるのは不動産相続時だけではないということです。

相続時に揉める、あるいは相続後に共有名義によって揉めるくらいなら、相続時にトラブル解消方法や防止方法として売却を検討してみてはいかがでしょう。

■最後に
不動産相続では共有名義になるために分割分や誰と誰が相続人になるか、今後の不動産の管理方針などでトラブル解消が必要になるケースがあります。
また、不動産相続時だけでなく、共有名義にしておくことで固定資産税の負担や売却などで意見が分かれ、トラブル解消が必要な事態に発展する可能性があるのです。
トラブル解消や防止のために、現金に換えてしまってはいかがでしょう。
売却すれば将来的なトラブルも防止できます。

共有名義の不動産売却はスタンドエステートにお任せください。

CONTACTお問い合わせ

           

お電話またはメール・LINEからも受付しています。
ご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。
お電話の際は、ホームページご覧の旨をお伝えいただくとスムーズです。

営業時間/10:00~18:00 
定休/水曜

  • icon
  • 営業時間/10:00~18:00
    定休/水曜 祝日 冬季 夏季 GW