~ 空き物件売却隊からのお知らせ ~

icon
icon

2023/04/26

ブログ

先祖代々の土地売却の税金は「契約書」で変わってくる?

先祖代々の土地の維持管理が負担になっているケースでは、先祖代々の土地を売却することで解決できる可能性があります。先祖代々の土地を売却すれば、固定資産税などの税金はかかりません。先祖代々の土地を管理するための木の剪定なども不要になりますから、維持費という点でも所有者の負担が軽減されます。

 

先祖代々の土地を使っていないなら、売却することで買主が有効活用してくれるかもしれません。しかし、先祖代々の土地の売却をする場合は税金が問題になります。土地売却には税金がかかる可能性があるのです。先祖代々の土地売却の税金について、スタンドエステートが解説します。

 

■先祖代々の土地を売却したときに税金はかかるのか

土地を売却すると、税金がかかる可能性があります。これは、買ったばかりの土地を売却しても、先祖代々の土地を売却しても同じです。土地売却の税金の仕組みはいたってシンプルになっています。土地を売却したときの税金は、土地売却で利益があれば課税される仕組みです。

 

たとえば、土地を3,000万円で購入したとします。3,000万円の土地を5,000万円で売却しました。土地を買ったときの金額を引くと、2,000万円の利益が出ていることがわかります。この2,000万円という利益が税金の対象になります。では、3,000万円で買った土地が1,500万円で売れた場合はどうでしょう。この場合は1,500万円の赤字になっていることがわかります。

 

利益が出ていませんから、土地売却の税金はかかりません。土地売却ではもっと細かな計算をするのですが、基本的な理屈は「土地売却で利益が出たら税金がかかる」であることは変わりません。先祖代々の土地の売却でも、税金の仕組みは同じになっています。ただ、先祖代々の土地を売却する場合、ある問題による税金が高くなる可能性があるのです。

 

■先祖方の土地の売却では「契約書」がなく税金が高くなることも

つい最近買ったばかりの土地は、土地売買の契約書が残っているケースが多いのではないでしょうか。反対に、先祖代々の土地の場合は、かなり昔に土地を買っているため、土地売買の契約書が残っていないことも少なくありません。土地売却の契約書は土地売却の税金と深い関わりがあります。土地売買の契約書がないと、税金が高くなる可能性があるのです。

 

土地を買ったときの契約書がないと、先祖がいくらで土地を買ったかわかりません。先祖代々の土地を買ったときの金額がわからない場合は、売った金額の5%を取得費とみなします。たった5%です3,000万円で先祖代々の土地が売却できれば、150万円が取得費。契約書があれば売買時の価格がわかったはずなのに、契約書がないばかりに税金が高くなってしまうことがあるのです。

■譲渡所得とは

譲渡所得は、資産や不動産などを譲り受けた際の差額を指し、譲渡所得税がかかります。資産の譲渡益から経費や控除を差し引いた金額が課税対象であり、税率は所得税法に基づいて計算されます。こちらの文章をだれでもわかるように解説してください。

 

■注意点

 

先祖代々の土地を手放す際には、以下の注意点があります。

■所有権の確認

 

手放す土地の所有権や登記簿の記載を確認してください。相続に関する問題がないか確認しましょう。

 

■評価額の算定

 

土地の評価額を正確に算定しておくことが重要です。これは譲渡所得税の計算や将来的な相続税の影響を考慮するためです。

 

■税務の確認

 

土地の譲渡に伴う税金の影響を理解しておく必要があります。譲渡所得税や贈与税の可能性があります。

 

■相続人との協議

 

土地が複数の相続人によって所有されている場合、事前に協議を行い、合意を取り付けておくことが重要です。法的なアドバイスの取得: 弁護士や税理士などの専門家に相談し、法的なアドバイスを受けることが望ましいです。特に土地の法的な権利や税務に関する複雑な問題がある場合は専門家の助言が必要です。

 

■契約書の作成

 

購入者との取引に際しては、明確な契約書を作成し、条件や取引の詳細を文書に残すことが大切です。これらの注意点を考慮することで、土地の手放しに伴う問題を最小限に抑えられるでしょう。

 

■最後に


先祖代々の土地の維持管理が大変なら、売却で解決できる可能性があります。しかし、買ったときの金額がわからないばかりに、先祖代々の土地売却の税金が高くなってしまうことがあるのです。先祖代々の土地を売却するときは、税金対策が重要です。先祖代々の土地売却はスタンドエステートにご相談ください。税金対策を視野に入れた売却計画を提案させていただきます。

CONTACTお問い合わせ

           

お電話またはメール・LINEからも受付しています。
ご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。
お電話の際は、ホームページご覧の旨をお伝えいただくとスムーズです。

営業時間/10:00~18:00 
定休/水曜

  • icon
  • 営業時間/10:00~18:00
    定休/水曜 祝日 冬季 夏季 GW